誤解を恐れずにおおざっぱに分かりやすく言うと、

敷地にたどりつくまでに、「狭すぎる」ところがある。

そしてそのような敷地には建物を建ててはだめ、つまり「再建築不可」となります。

 

そんな敷地の建物はリフォームしながら使用します。

木造の場合、既存の柱に新しい柱を並べてつなげるなどして、高レベルの補強が可能です。

木造は補強しやすい工法です。